『福音の導き手となる』

イエス・キリストのことを伝えることを教会では『伝道』と言います。伝道には様々な方法がありますが、その中でも個人的に友人や家族にイエス様のことを伝えることを『個人伝道』と言います。皆さんは、個人伝道をされた経験はありますか?なかなか信仰の話や宗教の話はしづらいのが日本人の傾向かなと感じます。今日の聖書の箇所(使徒8:26〜40)は、個人伝道のガイドラインとも言われている箇所ですので、個人伝道について3つのポイントに分けて学んでいきましょう。

( 1 ) 聖霊の声に従う、なぜなら救いは神様の働きだから。

1番目のポイントは聖霊の声に従うということです。神様は、時に私たちが思っても見なかった方法で福音を伝えようとされます。使徒の働き8:26でピリポは砂漠に行くように導かれました。それまでピリポは街の中で多くの人たちに話をして手応えを感じていました。そんな時、誰もいない砂漠に行って伝道しなさいと言われたのです。ピリポは『いやいや神様、この街で伝えた方が絶対にうまくいきますよ。』とは言わずに(笑)素直に神様の声に従いました。するとそこで、移動中の外国の高官に出会うのです。神様はピリポが話しかける前からこの役人の心に働きかけて福音を受け入れる準備をされていたのです。これはとても大切なポイントです。

伝道は私たちの努力ではなく、神様の働きだということです。私たちには伝える役割が与えられています。しかし心を整えてくださるのは神様なのです。だから、私たちはその神様の声に耳を傾け、従うことが大切です。今、少し神様に心を向けて聞いてみてください。きっと神様が『あの人に連絡してみなさい。』と心にインスピレーションを与えてくださるはずです。そんな時は、小さなアクションで良いので、コンタクトをとってみましょう。

(2) バウンダリー(境界線)を超えて伝える。

2番目のポイントは、バウンダリーを超えて伝える、です。どういうことかというと、仲のいい人だけでなく、苦手な相手だったり、少し立場の違う人にも伝える可能性があるということです。ピリポは庶民のユダヤ人でしたが、聖霊に導かれて普段ではまず会うことない外国の役人に出会いました。海老名で暮らしている私が、南アフリカの大使に話しかけるような感覚でしょうか。住む世界が違う・・・。


でも、神様は平凡な人々を用いて影響力のある人たちを救いに導くことをなさいます。もしかしたら、皆さんも、上司、学校の先生、市長、外国の大使、そのような人にも伝道する機会があるかもしれません。もし、神様からのサインを感じたら、『教会に来てみませんか?』『オンラインで参加できるグループがあるので、試しに参加してみませんか?』と伝えてみてください。神様の計画であれば、その方の心が動かされるでしょうし、そうでなければまた別の機会が用意されているはずです。

(3) イエス様に導く導き手となる。

最後に見たいポイントは、イエス様に導く導き手となる、ということです。ピリポは、聖書からイエス・キリストは誰か?そして何をしたのか?ということを説明しました。伝道の基本はイエス様に導くということです。世の中には色々な『救い』があります(経済的な生活の救い、精神的な心の救いetc. )。人は心のうえ渇きや不安を感じる時に、救いを求めます。ある人はお金に、ある人は占いに、ある人は自己啓発に救いを求めたりします。それらは決して悪いものばかりではありませんが、一時的だったり依存的だったりします。


しかし、道であり、真理であり、命であるイエス様に導かれる時、私たちは魂の救いを得るのです。ピリポが出会ったエチオピア人の役人は迷いの中で、ピリポにこう言いました。『導いてくれる人がいなければ、どうして分かるでしょうか』。そうなんです、迷っている人には、イエス様に導いてくれる導き手が必要なのです。そして、神様は私たち一人一人に、その導き手となるように願っておられます。私たちにできることは、小さなことかもしれません。でもその小さなことが重なり合い一人の人がイエス様へと導かれて行くのです。ですから、恐れずに神様から与えられた『小さなこと』を実践していきましょう。

そのためにも、まず私たちがイエス様の救いを経験していなければなりません。他人に神様の愛を伝える前に、神様が自分をどれだけ愛してくださっているかを伝えるのです。他人に『あなたは神様に受け入れられ認められているよ』と伝える前に、神様が自分を受け入れ認めてくださっていることを深く信じなければいけないのです。

今日も、イエス様の愛を思い返し、イエス様と共に歩むことができるように、そして皆さんの周りにいる人々も、同じようにイエス様と歩むように導かれるようお祈りします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中