『固定観念を打ち破る』

人間関係を壊す固定観念

あなたは固定観念(または偏見や先入観)を持っていますか?これはとてもナンセンスな質問ですよね。普通、自分がどのような固定観念を持っているのかは分かりづらいものです。価値観の違う人と接する時に『あれ?』と違いに気づいたりします。特に結婚生活では、育って来た環境が違う二人が一緒に生活するわけですから、お互いの固定観念や先入観によく気づかされます。些細な違いから、関係を壊してしまう違いまで、その程度は様々です。普段の人間関係でも、固定観念や先入観によってスレ違いが生じて、人間関係が壊れてしまうことはあるのではないでしょうか?聖書や教会の歴史を見ていくと、時折、神様が人々の固定観念を打ち砕く様子が描かれています。神様は何のために、固定観念を打ち砕かれるのでしょうか?共に考えていきましょう。

ペテロの固定観念を打ち砕く神様

使徒の働き10章〜11章では、多くの文面を割いて、ローマの百人隊長コルネリウスの救いについて書かれています。それだけ異邦人(ユダヤ人以外)であるコルネリウスの救いは重要なものでした。なぜかというと、当時ユダヤ人たちは、弟子たちを含めて、救いはユダヤ人のためのものだと考えていたからです(固定観念)。しかし、神様は不思議な方法を通して、ペテロの固定観念を打ち砕き、救いは全人類のためのものだと伝えたのです。その時のペテロの言葉が10:34-36に書かれています。

そこで、ペテロは口を開いてこう言った。「これで私は、はっきり分かりました。神はえこひいきをする方ではなく、どこの国の人であっても、神を恐れ、正義を行う人は、神に受け入れられます。神は、イスラエルの子らにみことばを送り、イエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えられました。このイエス・キリストはすべての人の主です。

使徒の働き10:34-36

固定観念を打ち砕くのは愛を伝えるため

なぜ神様はペテロの固定観念を打ち砕かれたのでしょうか?それは、福音が世界中に広まるためでした。神様はユダヤ人だけでなく、世界中の人々が神を知り、神の家族に入れられることを望んでおられるのです。つまり、神様は神の愛を伝えるために固定観念を打ち砕かれた、とも言えるのです。ユダヤ人だろうが、ギリシャ人だろうが、日本人だろうが、アメリカ人だろうが、韓国人だろうが、インド人だろうが、白人だろうが、黒人だろうが、関係ない。金持ちだろうが、貧乏だろうが関係ない。神様はどの国の人であっても、神を恐れ、正義を行う人を愛されるのです。

固定観念を打ち破ったイエス様

イエス様も人々の固定観念を打ち砕いて、愛を伝えましたよね。 人々が近づくことを恐れていた皮膚病の人に、わざわざ触れてその病を癒したり、安息日には仕事をしてはいけないと定められていたのに、安息日に病人を癒されたり、サマリヤ人とは付き合うなと言われていたのに、サマリヤの女性の心を癒されたり・・・それだけじゃない、神である方が、私たちの罪を背負い、十字架で死なれたのです。

しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。

ローマ5:8

イエス様は、固定観念を打ち砕き私たちに愛を示されました。そして、私たちにもイエス様に倣って、愛を分け与える者になって欲しいと願っているのです。

固定観念に気づかせるのは、祈り。

では、どうすれば固定観念を捨てて他者を愛することができるようになるのでしょうか?相手を理解するように努力すること?対話を通して違いを受け入れていくこと?それも大切ですが、もっと大切なことが聖書に書かれています。それは、神様に祈る、ということです。今日の箇所でペテロやコルネリウスが固定観念に気付かされたきっかけは『祈り』でした。祈りの中で、彼らは神様からのメッセージを受け、祈りの中で心が柔らかくされていったのです。

『祈りとは、本来、神様の心に近くこと。』です。

祈りの中で、自分の堅い石の心に気づかされ、祈りの中で、自分の醜い心に気づかされ、祈りの中で、自分の傷ついた心に気づかされるのです。そして、祈りの中で、そんな私たちを愛してくださるイエス様の愛を経験するのです。

イエス様は、皆さん一人一人の心に、愛を注ぎたいと願っています。ですから私たちも、固定観念にとらわれず、まずは神様の愛を受け、その愛を持って隣人を愛することができるように、心を変えていただきましょう。

Q. あなたはどのような固定観念、先入観、偏見を持っているでしょうか?(私はこの程度の人間、私を理解してくれる人は誰もいない。ああいう家庭に育った人とは付き合いたくない,etc. )

Q. 神様はなぜ固定観念を打ち砕こうとされるのでしょうか?

Q. どうすれば固定観念に気づき、新しい考え方を身に付けることができるのでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中