『救いを確信せよ』

今週は、ゲストスピーカーの山中知義牧師(京都インターナショナルチャーチ)から『救いを確信せよ』と言うテーマで十字架のメッセージを届けていただきました。


十字架上でイエスが言われた『完了した』と言う言葉は『(借金を)完済した』とも訳せる『テテレスタイ』というギリシャ語が使われています。私たちが負うべき罪の負債を、キリストが身代わりとなってその代価を支払ってくださったという意味が示されているのです。

この福音を忘れてしまうと、罪悪感から罪滅ぼし的な行為に走ったり、逆に自分の罪に目を留めず、自分の正しい行いを神は認めてくれているはずだ(自己義)と思い始めてしまうのです。


しかし、キリストに信頼して生きる生き方とは、罪滅ぼし的な生き方でもなく、自分の努力を承認してもらう生き方でもありません。不完全な自分を認め、完全なキリストに信頼する生き方なのです。その時、私たちは『たとえ今日この世を去ることになったとしても、キリストと共に永遠に生きる』という確信が与えられ、平安な心で生きることができるのです。


あなたは、キリストの救いを確信していますか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中